妊娠のしくみ

精子と卵子、すなわち男女の性細胞が卵管膨大部付近で出会い、合体することを受精といい、この合体した卵を受精卵と呼びます。この受精卵が子宮内膜に固着(着床)して妊娠成立となります。受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、胎芽そして胎児へと成長していきます。

卵子について

ほぼ球形で直径0.25mm、かろうじて肉眼で見える大きさです。通常、次の月経の12~16日前に卵巣から排出され、卵管(ラッパ管)に吸い込まれ子宮の方へと送られます。卵子の寿命は卵巣から排出されてから約24時間で終わります。

精子について

長さ約0.05mm、顕微鏡で見るとおたまじゃくしのような形をしています。頭部・中間部・尾部に分かれ、頭部に父親の遺伝質を含んでいます。1回の射精で3~4ccの精液が出ますが、この中には2~3億の精子が含まれ、通常はこの内の1つが卵子と合体(受精)します。精子は熱や酸に弱く、膣内での寿命は約4~8時間ですが、子宮内に入ると約3日間生きていられます。(個人差があります)

妊娠と超音波検査

妊娠しているかどうかは尿を使った妊娠検査薬で判定できますが 正常妊娠であるかどうかは超音波検査を行う必要があります。
超音波検査によれば、妊娠5週には胎児の入っている袋 《胎嚢(たいのう)といいます》が子宮の中にあることを確認する ことができます。妊娠7週になると胎嚢の中に胎児が見えてきます。 そして心臓の動きが確認できればひとまず流産の心配はないといえます。 が、まだ安心は禁物です。妊娠9週になると胎児の形もはっきりしてきて 頭と胴体の区別ができるようになります。さらに10週になると超音波 ドプラ法によって胎児の心拍がきこえ、ひと安心ということになります。

超音波検査による胎児の画像

妊娠12週

妊娠12週
子宮の中の赤ちゃん

妊娠12週

妊娠12週
双子の赤ちゃん

妊娠22週

妊娠22週
表情や指の様子が 分かります

妊娠27週

妊娠27週
目鼻立ちがしっかりしてきたね

妊娠35週

妊娠35週
あっかんべーをしているみたい

映像によって胎児の成長を確認

当院では妊娠初期から診察のたびに超音波検査を行いその写真をお渡ししています。
また、数回の動画DVD(4Dによる)にて撮影し、プレゼントとしてお渡ししています。


妊娠についての基礎知識
出産について
出産される方へ 当院のサービス
問診表(PDF)
しずメディ